カイテキオリゴ 使い方

カイテキオリゴの使い方をチェック!いろんな食べ方があります!

カイテキオリゴのテイストは「ほんわかした甘さ」です。

 

カイテキオリゴ,使い方

 

カロリーもスプーン1杯(5g)で約11kal。実際の砂糖の半分ほどです。癖のない甘さなので、お料理に使ってもおいしく食べられます

 

断然のお勧めは、ヨーグルトと一緒に

 

カイテキオリゴ,使い方

 

カイテキオリゴは乳酸菌との相性が抜群です。好みのヨーグルトにカイテキオリゴを入れて食べてみてください。自然な甘みが口の中に広がって、癖になる美味しさです。

 

オリゴ糖と乳酸菌の組み合わせも腸内環境を整えるのに、最強の組み合わせ。ヨーグルトを買う時にも、乳酸菌が腸まで届くタイプのものを選びましょう。毎日の習慣にすれば、腸内美人間違えなしです。

 

カイテキオリゴ,使い方

 

カイテキオリゴはお料理にも使えます。火を通しても効果はそのままなので、安心して使えます。うっかりヨーグルトを切らしてしまった時には、お料理の味付けに加えてみましょう。優しい甘みの仕上がりになります。

 

カイテキオリゴの使用量に制限はないのですが、一日の目安は5g。一応の目安があることを知った上で、カイテキオリゴを活用することをお勧めします。

 

十人十色の食べ方を

 

カイテキオリゴ,使い方

 

中にはヨーグルトが苦手で食べられない人もいるでしょう。そんな人にお勧めな相性抜群の食材があります。

 

カイテキオリゴ,使い方

カイテキオリゴ,使い方

意外に思われるかもしれませんが、キムチと納豆です。どちらの食材も微生物の宝庫。カイテキオリゴとの相乗効果も期待できます。万人に受けるとは言いませんが、百聞は一見にしかず。美味しさと効果の両方を体験してみてください。

 

ドライフルーツのプルーンやレーズンには水溶性の食物繊維が豊富に含まれています。このためカイテキオリゴと一緒に食べると、腸内の掃除がよりいっそう進みます。

 

カイテキオリゴ,使い方

 

私はプルーンが大好きなので、無糖のヨーグルトにカイテキオリゴと細かく切ったプルーン、そこにバナナをたっぷり入れて食べるのが朝の日課になっています。

 

慣れないうちには、無糖のヨーグルトは酸っぱく感じる人もいるでしょう。でも、カイテキオリゴと果物の甘さと溶け合って、調度よい甘さで、もう1杯食べたくなるほどです。

 

ぜひ、オリジナルのカイテキオリゴのおいしい食べ方、色々見つけてみてください。